「ペット火葬」ペット樹木葬とは?

ペットが死んでしまったら、人間の場合と同じように「ペット 火葬」を行う人が増えています。「ペット 火葬」をした後の遺骨は、お墓に入れたり、納骨堂に安置したり、散骨したりといろいろな埋葬の方法があります。その中で、人間の埋葬にはないペットだからこその埋葬法がいま話題のようです。それは樹木葬と言います。

樹木葬とは、樹木を墓石の代わりに植樹しそれを墓標とするもので、1990年以降注目されている新しいペットの埋葬法です。樹木葬はペットの遺骨を自然に返すことができるということや、樹木を植樹することで緑化できるということから、環境にやさしいということで海外からも注目されているそうです。

樹木葬のやり方は、まず「ペット 火葬」して骨にしたあと、その骨を土の中に埋めます。「ペット 火葬」をせず、そのまま土の中に埋葬する場合もあります。その上に樹木や花を植えます。樹木がどんどん大きくなっていくのを見ながら、死んでしまったペットを思い出すことができます。まるで樹木にペットの魂が移って今も生きているかのような気持ちになるのかもしれません。

人間の場合、骨を直接土の中に埋葬することが法的に難しいのですが、ペットは法的な規制がありませんから、とても良い埋葬方法ではないかと思います。最近ではペット樹木葬ができる専用のペット霊園も登場し、人気が出てきているようです。

「ペット火葬」ペットのお墓について

ペット 火葬」をした後、遺骨は散骨したり、家に保管したり、あるいは霊園内にある共同墓地や納骨堂に入れる人が多いと思います。しかし、ペットを家族のように思っていた人は、人間と同じようにお墓を購入する人も少なくありません。ペットのお墓は「ペット 火葬」を行ったペット霊園内に作ることができますし、他のペット霊園に作ることもできます。

ペットのお墓は人間のお墓とほとんど同じで、個別の墓地があり、そこに墓石を置きます。墓石はかわいいペットに相応しい形にしたり、文字などを刻んだりすると良いかもしれません。

必要な費用は、墓碑、芝台、カロート、文字刻印代、お花たて、永代志納金などが必要で、さらに毎年の管理料が発生します。

共同墓地や納骨堂と比べると、お墓は完全に独立したスペースを確保でき、自分のペットだけの骨が納められているわけですから、お参りするときもうれしいと思います。

これが共同墓地だといろいろなペットの遺骨がばらばらに納められているので、どこか落ち着きません。また、納骨堂も自分のスペースが与えられているとはいえ、大勢の中の一部と言う点で、共同墓地と雰囲気が似ています。いつまでも忘れないでペットのお参りしたいと思っている人は、「ペット 火葬」のあと、お墓を持つのが良いでしょう。

 

「ペット火葬」共同墓地や納骨堂について

ペット 火葬」をした後、遺骨をどうするかを考えなければなりません。一番安くあげたければ散骨することですが、もう一つ安くあげる方法があります。それは「ペット 火葬」場にある共同墓地に入れることです。

通常、「ペット 火葬」場には共同墓地があり、そのペット霊園で火葬したペットなら無料で入れることができるところが多いようです。また、複数のペットと一緒に「ペット 火葬」した場合も必然的にこの共同墓地に入れることになります

共同墓地のメリットはやはり無料(あるいは格安)で入れることができることです。また、散骨してしまえばもう二度とお参りもできなくなってしまいますが、共同墓地に納めればいつでもお参りすることができます。

もし費用がかかっても良いのであれば、納骨堂に入れることもできます。多くのペット霊園では、敷地内には納骨堂を持っています。納骨堂には棚がたくさん設置してあり、その棚に遺骨を安置することができるようになっています。

納骨堂を利用するためには、志納金と毎年の年間管理料を支払わなければなりませんが、一つのスペースを自由に使うことができます。年間管理料は3000円程度から30000万円程度まで、使用するスペースによって管理料は違ってきます。